Just another WordPress weblog

そもそも合コンって何?

そもそも、合コンってなんだろう?
そんな風に考えたことはありますか。

合コンとは、男女合同コンパの略語で、コンパとはcompany(仲間)の略。
仲間同士の親睦会をコンパというようになり、
男子コンパと女子コンパを合同で行うことをそう呼ぶようになったのですね。

通常のコンパとは違い、合同で行うわけですから「はじめまして」のケースが多いですね。
親睦を深めるというよりも「出会い」の場であることが分かります。
出会いと言っても、その言葉の意味あいは人によってさまざま。
合コンにはいろんな人たちが参加します。

どうしても、今すぐ彼氏・彼女が欲しい人。
異性の友達を増やしたい人。
初めての人とお酒を飲む雰囲気が好きな人。
暇つぶしの人数合わせの人。

勘違いしてはいけないことが、参加した人の全てが
恋愛を目的にしているとは限らないことですね。

合コンは、初めて出会う男女がいろんな目的を持ち、楽しく過ごす場のこと。
話が盛り上がり、気が合い、友達になったり恋愛が始まったり、
ゆくゆくは結婚する人もいます。

どのような結果が得られるかは、合コンの過ごし方次第なのですね。

合コン探しにはコレ!出逢い系 オススメ


合コンに参加する時の心得

合コン上手になるために、参加者の心得を整理しておきましょう。

合コンの誘いが来た時は、保留にせず日程だけで即決すると良いですね。
幹事は人数合わせが大変ですから、返事が早い人は次回も誘われやすいです。
断る理由は日程の都合にしておくことです。

合コンは一応飲み会ですから、乾杯や1杯目はアルコールをオーダーしましょう。
全く飲めない人も乾杯用のお酒だと思って注文しましょう。

もしも飲めないことがバレて「なーんだ」という空気に気づいたら、
友達同士フォローし合います。
「この子、飲めなくてもノリが良いんだよね~」などは案外通用するフォローです。

合コン中は、同性同士でこっそり会話しないこと。
たわいのない会話を少ししていただけでも、異性からは良い気分ではありません。

同様に「連れション」はNG。
大勢で席を立たないようにしましょう。
居酒屋からカラオケへ向かう時も、同性同士で固まっているとしらけますね。

ついつい忘れがちなのが、合コン後誘ってくれた同性幹事へのお礼はしっかりしておきます。
女性の場合は「どうだった?」と話す機会がありますが、
男性は次も誘ってもらえるよう幹事へのねぎらいの言葉は忘れずにしましょう。

ーー
合コンの会費はいくら?

合コンは基本的には、男女がお金を出し合い集まります。
幹事は人数を決めたら、会費(予算)の設定もしっかりしておきます。

合コン会費は参加するメンバーの職業、年齢、趣味などでも異なりますね。
学生なら居酒屋+カラオケBOXのコース、3千円前後で十分楽しめます。

社会人なら小洒落た居酒屋、レストランバー、個室とグレードも上がりますし、
飲むお酒もビール、焼酎、日本酒、ワインと好みも多種多様で、
会費もピンキリと言っていいでしょう。

とはいえ、女性の場合は5千円以上の会費が必要な合コンには、あまり参加したがりません。

女性は節約や生活といった現実的な志向が働きますから、5千円までというのが妥当です。
男性の合コン会費は、女性よりも少し多いのが一般的。
男性と女性の会費を割合であわすと、6:4や7:3といったところ。

均一割り勘でも十分楽しめることができますが、男性が少し多く支払うことで
ワインを1本追加できるとかお料理の質があげられるといった
女性へのサプライズが可能となります。

女性から「ありがとう、楽しかった」という言葉を合コン後に聞けるなら、
少し多めの会費も悪くはありませんよね。

大遅刻!それでも合コンに駆けつけよう

人生何があるか分かりません。

楽しみにしていた合コンに、トラブルのせいで遅刻どころか行けなくなるかもしれない。
そんな経験あると思います。

「はぁ、もう合コン1次会も終わってみんな2次会に行ったかな~」あなたなら諦めますか?

出会いを求めるなら、お開きの一瞬であろうと顔を出すことがチャンス。

用事を済ませ幹事に電話してみたら「そろそろ終わるけど・・・」そう言われても、今から絶対行くと告げ急いで合コン会場に向かいましょう。

例え到着した時、既に合コンが終わっていたとしても残っている人がいるなら自己紹介をして「今度は必ず自分が一番に来るので、また飲み会やりましょう」

そんな風に言うだけで、好印象に取ってくる人も多くいます。

メンバーは変わったとしても、また合コンを開いてくれる可能性も高いと言えます。

結局来なかった人にチャンスを与えられることはありません。
約束は守れなかったけど、果たそうとする努力はきっと報われます。
仕方ないで終わらせる人よりも、何とかしようとする人の方が魅力的だということですね。